デニムよりおしゃれ!ダンガリーシャツで創る大人の冬コーデ

デニムとは一味違ったダンガリーシャツは、秋冬のコーデのとりいれるだけでこなれ感を簡単にONできちゃうアイテムでもあります。また、季節問わず使えるので、着回し力もバツグンなのがダンガリーシャツのいいところ。そんなダンガリーシャツの着こなし術をマスターして、大人女子らしい秋冬コーデを完成させてみましょう!



デニムとは違った織り方がしてあるダンガリーシャツは、薄手なものも多いので冬のレイヤードコーデに最適。着ぶくれする心配がないので、スタイルをきれいに見せてくれる効果もあります。

今回はそんなダンガリーシャツを使った冬の着こなし術をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

ワンピーススタイルで大人カジュアルに★

ロング丈のダンガリーシャツは、ワンピーススタイルとして着こなすのもあり。また、もともとワンピースになっているダンガリーシャツなら、上下のメリハリがきちんとつくのでスタイルもカバーできます。

カジュアルさも全面に出したくない場合は、フレアなAラインを選ぶのも◎ロングブーツでかっちりと引き締めればトレンチコートとだって合わせやすいはずですよ。

ブラックスキニーでマニッシュ感をプラス

カジュアルなダンガリーシャツを冬っぽく着こなすコツは、シューズにブーツを取り入れるのがおすすめ。特にレザーシューズなら、マニッシュ感が出るのでダンガリーシャツを大人見せすることもできちゃいます。

また、ブラックのスキニーデニムで全体を引き締めればデキる女風スタイルにも。その際はマニッシュすぎないように、ニット帽でやわらかさをプラスするのもありです。

ロングスカート×レザーブーツでトレンド感大

カジュアルなスカートスタイルを楽しみたい方は、ボーダー柄のロングスカートでラフ感のある大人コーデにチャレンジ。あえてタックインせずに着こなすと、ほどよいルーズさがでて旬顔コーデになります。

コーデにアクセントが欲しいときは、ニット帽をビビッドなカラーにしてみるのも◎ボルドーなどの赤系はブラックアイテムにも合わせやすく、女っぽさもプラスしてくれます。

アースカラーボトムスでクール女子を目指そう

マニッシュ感大なクールコーデをしたいときは、パンツスタイルでかっこよくダンガリーシャツを着こなしましょう。おすすめは、アースカラーのパンツ。濃いめのカラーを選べば、パンツを主役にすることもできます。

パンツスタイルは痩せ型の人が貧相に見えてしまうコーデでもあるので、胸元や首回りのボリューム感を出すことでメリハリ感を意識しましょう。

チルデンニットでプレッピーなスクールガールコーデに

秋冬の定番アイテムなチルデンニットは、ダンガリーシャツと合わせることで大人かわいく着こなすことも可能に。どちらもカジュアル感の強いアイテムなので、ボトムスにはちょっぴり大人見えするアイテムを取り入れましょう。

例えばストライプ柄ならプレッピーさを引き立てながら、かっこいい印象も与えることができるので相性もばっちり。足元はローファーブーティーなどでとことんプレッピーにまとめてみましょう。

ニットベストを合わせて大人かわいい印象にチェンジ

ワンランク上のレイヤードコーデがしたいときは、ニットベストに頼ってみるのもあり。オフタートルなら顔周りにボリュームが出るので小顔見えさせることもできます。

また、ボトムスにはワイドパンツを合わせれば、ただの大人かわいいきれいめコーデから卒業することも可能に。ほどよいルーズ感をプラスすることでこなれ感を足すことができます。

ロングカーディガン×プリーツスカートで旬顔コーデの完成♪

ロング丈のアイテムが人気な今年は、ダンガリーシャツの上にロングカーディガンをサラっと羽織ってみるだけで旬顔コーデになります。また、フェミニンなアイテムとも相性がいいので、人気のプリーツスカートを合わせてみましょう。

テラコッタに飽きた方は、この冬イチオシなピンコッタをチョイスしてみるのも◎ミモレ丈を選べば低身長さんでも背の低さを気にせずに済みますよ。

まとめ

カジュアルに着こなせるダンガリーシャツは、大人女子でも着こなしやすいデザインなのでおしゃれのバリュエーションを増やしてくれること間違いなしです。

ぜひ今年の冬のレイヤードコーデにはダンガリーシャツを取り入れて、デニムアイテムを着こなす女子と差がつくコーデを楽しんじゃいましょうね!

スポンサードリンク