定番なデニムジャケット!今っぽコーデになる5つの方法

春秋の羽織りとして定番なデニムジャケット。普遍的なデザインで、流行り廃りのない頼れるアイテムでもあります。そんなデニムジャケットを2016年秋冬らしい着こなしになる5つの方法をご紹介します♪



春秋のアウターとして定番なジャストサイズなデニムジャケット。デニムなのであらゆるアイテムとあわせやすく、重宝している人も多いのではないでしょうか?

そこで、デニムジャケットを2016年秋冬っぽく着こなす5つの方法をご紹介します♪

スポンサードリンク

1. 首元にチョーカーをプラス

デニムジャケットを旬なコーデにするのに一番手っ取り早い方法は、旬な小物を合わせること。そして、今年の旬小物の代表といえば、大ヒット中のチョーカー

ちょっぴりセクシーなデニムジャケットコーデに♡

チョーカーを首元に1点投入するだけで、アンニュイでほんのりセクシーなコーデになります。

2. ビビッドカラーを差し色に入れる

強いインパクトを放つ『ビビッドカラー』は2016年のトレンドカラーの一つ。デニムジャケットの味わい深いインディゴカラーは、そんな強いビビッドカラーを中和しつつ、引き立ててくれます。

3. アースカラーのボトムスと合わせる

夏から人気のアースカラーは、デニムとの相性抜群!デニムジャケットと合わせれば、夏に買ったアースカラーアイテムは、そのまま秋冬にも使えます!

大人っぽいデニムジャケットコーデに

アースカラー自体が落ち着きのある色なので、大人っぽいデニムジャケットコーデが楽しめます。

4. ワイドパンツと合わせる

裾に向かってフレアになっているワイドパンツは、ジャストサイズのデニムジャケットと好バランスな組み合わせ。スカーチョやかなりワイドなワイドパンツなら、より合わせやすくなります。

そしてインナーのトップスもコンパクトにするのが、今年らしい着こなしのポイントです。

5. プリーツスカートと合わせる

今年のスカートのトレンドは上品なプリーツスカート。デニムジャケットでカジュアルダウンするのも、おすすめの着こなしです。

インナーは、ワイドパンツの時と同様に短めを合わせるかタックインするのが今年流。

まとめ

かなり着回しの効くデニムジャケット。この秋冬のトレンドアイテムとも積極的に合わせて旬なコーデを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク