2016年秋は進化形トレンチコートが来る!最旬トレンチコート&コーデ特集!

2016年秋のアウター系のトレンドでは、進化形トレンチコートが大注目されています!「果たして、進化形トレンチコートとはどのようなものなのか?着こなし方は?」といった疑問に答えるべく、最旬トレンチコート事情をご紹介します!



オーソドックスなデザインからあまり揺らぐことのなかったトレンチコートに、この秋大変革の波が!

トレンチコートの大きな特徴でもあるボタンやカラーがない進化形トレンチコートが、今秋続々と登場しています。もはや、これはガウンなのでは?と思ってしまう程、ラフなデザインのトレンチコートもあります。

なので、今年は今までトレンチコートに馴染みがなかった人も、手軽にトライしやすい年でもあります。このトレンドにのって、今年はいつもよりラフな気持ちで、トレンチコートを楽しんでみませんか?

スポンサードリンク

ボタンがない”ラップトレンチコート”

ラップトレンチコートは、フロントボタンがなく、ベルトで留めるタイプのトレンチコートです。

こちらのKBF(ケービーエフ)のコートは、トレンチコートのきちんと感は保ちつつ、飾り気を取り除いたシンプルで大人っぽいデザインなので、通勤からオフの日まで、様々なシーンに活躍しそうです。

前を開けて着てもすっきり♪

前を開けて着ても、フロント部分の装飾がないため縦ラインが強調され、オーソドックスなトレンチコートよりもすっきりとした着こなしができます。

ガウン感覚で着れる”ドレープトレンチコート”

ノーカラーで、ドレープ感のあるゆったりとしたシルエットが優雅なドレープトレンチコート。

ガウン感覚で羽織れるので、トレンチコートを着たことがない人でもトライしやすいコートだと思います。

フロントのベルト結ぶとトレンチコートらしく♪

フロントを開けたままだとガウンスタイルですが、フロントのベルトをキュッと結ぶと、フラップ部分が強調されトレンチコートらしいきちんと感のある着こなしになります。

丈・袖長めな“オーバーサイズトレンチコート”

今年の秋冬の大トレンドになっているオーバーサイズ。とりわけ、アウター系でこのトレンドが取り入れられており、オーバーサイズトレンチコートも要注目です。

このオーバーサイズトレンチコートを前を開けて着るなら、コートの袖を無造作にロールアップしてこなれた雰囲気を出して。

ベルトを高めの位置で締めると旬な着こなしに♪

オーバーサイズトレンチコートを今年っぽく着こなすコツは、ベルトを締めることです。通常のベルトを締める位置より、少し高めなウエストの細くなっている所でキュッと締めるのが今年流です。

まとめ

トレンチコートといえば、どうしてもバーバリーのイメージが強く伝統的で敷居が高く感じられますが、今年のトレンチコートはガウン感覚で切れるラフなデザインがたくさん出てきています。

ぜひ、この秋は気軽にトレンチコートをコーデに取り入れてみませんか?

スポンサードリンク